ロゴ

八光流柔術の歴史その壱

奥山龍峰(吉治)宗家 開祖 奥山龍峰(吉治)宗家は1901年(明治34年)に山形県に生まれ、後に北海道旭川に移住しました。1924年(大正13年)に東京政治学校に入学し、1927年(昭和2年)に帰郷して大東流合気柔術の松田敏美師範に師事し、後には大東流合気柔術中興の祖として名高い武田惣角公にも学びました。 その後、上京するまでに天塩、新潟、京都、宮津、伊勢、熊本、沖縄に至るまで、各地を遊歴して様々な武術家、武道家と交わり武芸十八般を研究しました。 さらに平田了山、南拝山より東洋医学や心理療法を学び皇法指圧を含め八光流柔術を完成。昭和16年6月1日、東京芝元神明宮に於て、八光流開祖報告祭を巖修、八光流初代宗家を全国に宣言しました。

八光流柔術の歴史その弐

奥山龍峰(俊夫)宗家その後、開祖 奥山龍峰(吉治)宗家は終戦後から復興期を経て、1987年(昭和62年)に逝去されるまで多くの 門弟を指導しました。 北海道から沖縄に至るまで、さまざまな形で八光流の指導を受けた者は数多く、フランス、ベルギー、ギリシャ、ポルトガル、ハワイ、アメリカ本土をはじめ世界中に拡がっており、ことにFBIにおいては逮捕術として採用されています。

現在は、龍峰を襲名された奥山龍峰(俊夫)宗家が埼玉県さいたま市の大宮にて八光流柔術総本部八光塾で指導に当たられている他、全国三千余名の師範が各地で教伝指導を行っています。また、全国師範大会が、毎年各地で一般公開されています。

奥山龍峰旅日記

八光流の歴史は初代宗家奥山龍峰の著書によっても紐解くことが出来ます。現代武勇伝、起死回生の治験例、著者の思想、主張と随筆が収められている一冊です。

>>購入希望の方はこちらへ (for Japanese only.)